スケーリングビットコインワークショップ

スケーリングビットコイン2015フェーズ Ⅰー9月12日~13日カナダ、モントリオール
エンジニアリングコミュニティ / 学術界向け•展示ブースなし• 技術的議論にフォーカス

スポンサー

ワークショップスポンサーシップ

Sponsorship is now closed.

旅費の援助

Travel subsidy is no longer available. The event has been sold out.

If you have applied for travel subsidy, you will be notified before undefined.

技術提案の募集

The current Scaling Bitcoin Workshop will take place 9月 12日-13日 at the Centre Mont-Royal (Salon Mont-Royal I, 4 th floor) 2200 rue Mansfield Montréal Québec, H3A 3R8 . We are accepting technical proposals for improving Bitcoin performance including designs, experimental results, and comparisons against other proposals. The goals are twofold: 1) to present potential solutions to scalability challenges while identifying key areas for further research and 2) to provide a venue where researchers, developers, and miners can communicate about Bitcoin development.

We are accepting two types of proposals: one in which accepted authors will have an opportunity to give a 20-30 minute presentation at the workshop, and another where accepted authors can run an hour-long interactive workshop.

Topics of interest include:

  • ビットコインのスループットの改善
  • レイヤー2のアイデア(ペイメントチャネルなど)
  • セキュリティとプライバシー
  • インセンティブと手数料の体系
  • Testing, simulation, and modeling
  • ネットワーク障害への対応
  • スパム対策
  • ブロックサイズの提案
  • Mining concerns
  • Community coordination

これらは、すべてビットコインのスケーラビリティに関連しています。

重要な日付:

  • 2018年6月30日(UTC 23:59)- 技術提案の締め切り日
  • 2018年8月15日(UTC 23:59)- 査読結果およびフィードバック通知の最終日

フォーマッティング

We are doing rolling acceptance, so submit your proposal as soon as you can. Proposals may be submitted as a BIP or as a 1-2 page extended abstract describing ideas, designs, and expected experimental results. Indicate in the proposal whether you are interested in speaking, running an interactive workshop, or both. If you are interested in running an interactive workshop, please include an agenda.

Proposals should be submitted to proposals@scalingbitcoin.org by undefined.

All talks will be livestreamed and published online, including slide decks.

ワークショップの概要

ここ数ヶ月、ビットコイン開発者達は、ビットコイン・ネットワークのスケーラビリティと分散化特性を安全に改善する方法に関し困難な議論に直面しています。技術的な合意形成プロセスを支援するため、私達は技術的基準を収集し、提案を行い、分散化・ユーティリティ・セキュリティおよび実際のオペレーションとの間の複雑なトレードオフを十分に考慮した学術的規律と分析を備えた技術資料とデータを評価するためのワークショップを組織しています。これは、パフォーマンスとセキュリティがセキュリティ上重要なアプリケーションに対しトレードオフの関係にあったNIST-SHA3 設計プロセスの目的およびプロセスと同様であると考えられるかもしれません。

ビットコインは多くの利害関係者がいるP2P通貨であるため、可能な限り幅広い要件を収集し、そのプロセスを通じてビットコインの技術的特性に関する関係者の理解を深め、包括的かつ透過的なインフォームドプロセスを促進することが重要です。

技術的に関心のある方は、次の目的でこれらのワークショップに参加するようお勧めします。

Phase 1

Scene setting, evaluation criteria and tradeoff analysis.

Montreal, Canada: September 12th-13th, 2015

Scalability is not a single parameter; there are many opportunities to make the Bitcoin protocol more efficient and better able to service the needs of its growing userbase. Each approach to further scaling the Bitcoin blockchain involves implicit trade offs of desired properties of the whole system. As a community we need to raise awareness of the complex and subtle issues involved, facilitate deeper research and testing of existing proposals, and motivate future work in this area.

The purpose of this workshop is to discuss the general tradeoffs and requirements of any proposal to scale Bitcoin beyond its present limits. Session topics are to include the presentation of experimental data relating to known bottlenecks of Bitcoin’s continued growth and analysis of implicit tradeoffs involved in general strategies for enabling future growth.

This event will not host sessions on the topic of any specific proposals involving changes to the Bitcoin protocol. Such proposals would be the topic of a 2nd, follow-on Phase 2 workshop described below; this event is intended to “set the stage” for work on and evaluation of specific proposals in the time between the workshops.

Phase 2 will be planned out further as part of Phase 1 with input from the participants.

Phase 2

Presentation and review of technical proposals, with simulation, benchmark results.

Hong Kong, SAR, China: December 6th-7th, 2015

Hopefully to be easier for the Chinese miners to attend, the second workshop pertaining to actual block size proposals is to be planned for Hong Kong roughly in the late November to December timeframe.

The purpose of this workshop is to present and review actual proposals for scaling Bitcoin against the requirements gathered in Phase 1. Multiple competing proposals will be presented, with experimental data, and compared against each other. The goal is to raise awareness of scalability issues and build a pathway toward consensus for increasing Bitcoin’s transaction processing capacity or, barring that, identify key areas of further required research and next steps for moving forward.

Preliminarily, phase 2 will be a time to share results from experiments performed as a result of phase 1 and an opportunity to discuss new developments.

ワークショップはどのように運営されますか?

  • Both events will be live-streamed with remote participation facilitated via IRC for parallel online discussion and passing questions to the event.
  • これらのワークショップは、既存のビットコイン改善提案(BIP)プロセスを円滑にすることを目的としています。多くの作業は、その後にワークショップの外で行われます。このワークショップは、様々な視点、研究、シミュレーション、提案に対する意識を高めることで、ビットコインの技術とソフトウエアの設計とレビュープロセスに対する付加要素として機能します。
  • Travel, venue details, accommodation recommendation are available below. You can register at an early bird ticket price of $150 USD until September 3rd.
  • 下記のよくある質問のセクションをご覧ください。このセクションでは他にも多くの質問に回答しています。

日程

注意事項:
印刷

September 11th
19:00
Opening party

9月12日

イントロダクション

09:00
(5 min )
イベントの紹介と構成の概要
プレゼンター:
Jeremy Rubin
09:06
(30 min )
歴史的背景の復習
プレゼンター:
Bryan Bishop

実施作業

09:37
(15 min )
ビットコイン・リレーネットワーク
プレゼンター:
Matt Corallo
09:53
(15 min )
Bitcoin CoreのP2Pコードを再構築し、堅牢性を高めイベント駆動型にする
プレゼンター:
Cory Fields
10:09
(10 min )
ブロック・アップロードデータとIBLT
プレゼンター:
Rusty Russell
10:20
(20 min )
コーヒーブレイク

セキュリティとプライバシー

10:40
(20 min )
セキュリティ上の問題の概要
プレゼンター:
Peter Todd
11:01
(20 min )
プライバシーをサポートするビットコインのスケーリング - スマートコントラクトの維持
プレゼンター:
Ranjit Kumaresan

テスト、シミュレーション、モデリング

11:22
(20 min )
ビットコインスケーリングのテストベッド
プレゼンター:
Ittay Eyal, Emin Gün Sirer
11:43
(15 min )
動的ブロックサイズを用いたビットコインの確率モデル
プレゼンター:
Conner Fromknecht, Nathan Wilcox
11:59
(15 min )
CoinscopeおよびShadowビットコイン
プレゼンター:
Andrew Miller
12:15
(10 min )
休憩

経済的側面とインセンティブ

12:25
(15 min )
実際の取引手数料をウォレットで処理する方法
プレゼンター:
Bram Cohen
12:41
(15 min )
ブロックサイズ制限のない取引手数料市場の存在
プレゼンター:
Peter R
12:57
(15 min )
ギャップに注意:ビットコインマイニングの進化におけるセキュリティの影響
プレゼンター:
Miles Carlsten, Harry Kalodner, Arvind Narayanan
13:13
(60 min )
昼食
14:13
(2 min )
ワークショップ入門
14:15
(60 min )
円卓ディスカッションA
SPVテクノロジーの将来
指導者: Bryan Bishop
ネットワーク伝搬
指導者: Matt Corallo, Rusty Russell
学界関連
指導者: Joseph Bonneau, Olaoluwa "Laolu" Osuntokun
トラストレスUXとヒューマンクリプト・インタラクション
指導者: Paige Peterson and Dan Elitzer
脅威モデルとブギーメン
指導者: Peter Todd, Andrew Poelstra
テストとシミュレーション方法
指導者: Andrew Miller, Ittay Eyal, Emin Gün Sirer
15:15
(60 min )
円卓ディスカッションB
数学的モデリングと球形の牛
指導者: Bram Cohen, Patrick Strateman
マイナーデベロッパー関連
指導者: Alex Petrov, Matt Corallo, Luke Dashjr
スケーラビリティとホスト型インフラストラクチャ
指導者: Ryan Charles, Ryan Smith, Charlie Lee
より優れた暗号を採用する道
指導者: Andrew Poelstra
プライバシーとスケーラビリティ
指導者: Zooko Wilcox-OHearn, Ranjit Kumaresan, Andrew Miller
SHA3のようなビットコイン向けのコンテストプロセスの可能性
指導者: Shin'Ichiro Matsuo
16:15
(10 min )
休憩
16:25
(80 min )
円卓ディスカッション要約セッション
17:45
(30 min )
招待講演:Gabriella Coleman
18:30
Reception

9月13日

コミュニティ通信チャネル

10:00
(20 min )
NIST SHA-3コンペから学んだビットコインのスケーリングのための教訓
プレゼンター:
Shin'ichiro Matsuo
10:21
(15 min )
ビットコイン開発における目的関数
プレゼンター:
Paul Sztorc

ペイメントチャネルとレイヤー2

10:37
(20 min )
ビットコインの障害モードとライトニングネットワークの役割
プレゼンター:
Joseph Poon, Thaddeus Dryja
10:58
(10 min )
レイヤー2スケーラビリティソリューションを扱うエクスペリエンス
プレゼンター:
C.J. Plooy
11:09
(10 min )
Stroem - 小額取引のためのプロトコル
プレゼンター:
Jarl Fransson
11:20
(20 min )
コーヒーブレイク

マイニングとネットワークのコスト

11:40
(10 min )
ビットコインを有益に採掘する方法
プレゼンター:
Sveinn Valfells
11:51
(10 min )
マイニングの真のコスト
プレゼンター:
Marshall Long
12:02
(5 min )
初期ブロック同期は二次的な時間計算量である
プレゼンター:
Patrick Strateman
12:08
(20 min )
検証コストとインセンティブ
プレゼンター:
Eric Lombrozo
12:29
(10 min )
休憩

ブロックサイズの調査

12:39
(15 min )
ブロックチェーンのシャーディング
プレゼンター:
Vlad Zamfir
12:55
(15 min )
検討のための検証ツールによるリソース消費のレートリミッターとしてのブロックサイズ制限の代替
プレゼンター:
Mark Friedenbach
13:11
(20 min )
ブロックサイズ案に影響を及ぼす問題
プレゼンター:
Jeff Garzik
13:32
(15 min )
投票プロセスの数学的形式主義
プレゼンター:
Alex Petrov
13:48
(20 min )
ビットコインのブロックサイズは非通貨アプリケーションにどのように影響しますか?
プレゼンター:
Harry Kalodner, Arvind Narayanan
14:09
(60 min )
昼食
15:09
(30 min )
招待講演:Nicholas Negroponte
15:39
(60 min )
円卓ディスカッションC
公式な構造のない通信
指導者: Elizabeth Stark
ペイメントチャネル
指導者: Joseph Poon, CJ Plooy, Jarl Fransson
IETF、W3C、およびISPとの接続
指導者: Pindar Wong
中国とのつながりについての展望と課題
指導者: Marshall Long, Jinglan Wang
知識の体系化
指導者: Andrew Miller, SJ Klein, Arvind Narayanan
非通貨アプリケーション
指導者: Harry Kalodner, Devon Gundry
16:39
(60 min )
円卓ディスカッションD
前進:要件設定への道筋
指導者: Eric Lombrozo
実行可能なネットワークイベントと計画応答
指導者: Gregory Maxwell, Alex Chernyakhovsky
主要なプロトコル変更に対する挑戦とそのメリット
指導者: Wladimir van der Laan, Vlad Zamfir
教育とリソース:「コア」貢献者の数を10倍にするにはどうすればよいか?
指導者: Suhas Daftuar, Alex Morcos, Eric Martindale
ビットコインの未来のための持続可能な資金調達
指導者: Micah Winkelspecht, Patrick Murck
ウォレット技術のスケーラビリティ
指導者: Greg Sanders, Lawrence Nahum
17:39
(10 min )
休憩
17:49
(80 min )
円卓ディスカッション要約セッション
19:09
(20 min )
閉会
プレゼンター:
Pindar Wong

遠隔参加

イベントのライブ録音が利用できます。
  • YouTube: :

ロケーション

Centre Mont Royal Salon I では、各席にWiFiインターネットとデスクを備えた学術スタイルの会議施設で、最大250名の出席者をホストすることができます。この施設によって、参加者は予定のプレゼンテーション中に、 同時進行のオンラインディスカッションでメモを取ったり、参加したりすることができます。プレゼンテーションは、世界中のコミュニティがオンラインディスカッションをフォローし、参加することができるように、ライブ配信されます。
Centre Mont-Royal
(Salon Mont-Royal I, 4th floor)
2200 rue Mansfield
Montréal Québec, H3A 3R8

会議への参加登録

We are sorry, but the event has been sold out.
 
You will still be able to participate via the live stream, IRC, and Twitter.
Due to space limitations, we will not be able to admit anyone at the door.

よくある質問

  • What does it cost?

    The early-bird ticket price is $150 USD until September 3rd 00:00 UTC when it becomes $200 USD. From September 9th tickets become $300 USD to accommodate a limited quantity of last-minute registrations.

  • 渡航ビザのための書類が必要です

    (Info: http://www.cic.gc.ca/english/helpcentre/answer.asp?q=416&t=16) You are responsible for figuring out your own personal visa requirements to enter Canada. Let the logistics people at CryptoMechanics know if they can help with required documentation for you to enter the country.

  • 行くことができないが、参加したい!

    イベントはライブ配信されるので、IRCを介して参加することができます。簡単に直接参加できますが、イベントの参加者全員が自分の前に机を用意し、ライブ配信を視聴している世界中の参加者とのオンラインディスカッションに参加することが奨励されます。何らかの決定を下すことを目的としたワークショップではないことを理解することも重要です。 (以下参照)

  • プレゼンテーションはどのように行われますか?

    You can submit your proposal to proposals@scalingbitcoin.org (see CfP below). If you’ve worked on research, we recommend that you post the results, including papers, simulation results, and source code, to the bitcoin-dev discussion list. Depending on the quantity of accepted presentations, the workshop will allot a fair amount of time to each presenter. If people have substantially overlapping plans, they may be suggested to merge. Publishing a paper is NOT required—if you have a good presentation plan, you can propose a detailed summary.

  • My company wants to sponsor!

    Sponsorship is currently available at the $1,000+ to get your company’s logo added to this website. Contact Anton at CryptoMechanics to make arrangements. Ticket prices cover only a portion of the event cost, and the four underwriters are on the hook for an undefined quantity of expenses for the travel subsidies of qualified presenters, so additional corporate sponsors would be very helpful. The four underwriters of the event are currently the MIT Digital Currency Initiative, Chaincode Labs, Blockstream and Chain.com.

  • Why Montreal?

    It was considered neutral territory, convenient to travel for Europeans and Americans, and some expressed a desire to not enter the U.S.

  • Why Hong Kong?

    The second workshop is being planned for Hong Kong to make it easier for the Chinese miners to attend.

  • ワークショップで何か決定されますか?

    ワークショップでは決して何かが決定されることはありません。これは、性急に進めることで直接出席することができない世界中のコミュニティに不公平になる危険性があるためです。このワークショップは、問題と提案の認識を高め、共通の根拠を見つけ、ビットコイン改善提案プロセスを通じて既存の技術進歩の仕組みの中で公開討議を促進することが目的です。

  • ディベートが交わされることがありますか?

    おそらくディベートはなく、ワークショップの主催者および参加者は、ストレスが少なく対立的にならないようにイベントを進めます。ワークショップの目的は、ビットコインのスケーラビリティを改善させる方法について全体的な理解を向上させるために、さまざまな視点を紹介し、柔軟性を促進することです。直接のディベートは、せっかくシンプルな立場を固めつつあるビットコインの未来を、政治的立場を得るという意図のもと、あまりにも簡単に傷つける可能性があります。グローバルコミュニティが介入する時間をとって技術研究を慎重に検討するのではなく、一回のイベントでのスムーズな会話にビットコインの将来の安全とセキュリティを委ねるのは理不尽です。

  • このワークショップでビットコインプロジェクトのガバナンスについて話し合うことはできますか?

    These first two workshops in Montreal and Hong Kong are focused on raising technical awareness of scalability issues, simulations and proposals to improve scalability. For now the participants want this to be entirely focused on the science and engineering, which is how Open Source Software development has proven to deliver excellence.

  • 今後のワークショップの予定は? BIPについては?

    Some have proposed the workshops become regular events for working on technical issues, after the second currently in planning for Hong Kong. For example, a third workshop has been proposed to be held at MIT’s campus or in New York City. Some have also proposed that we write a BIP on how to organize workshops. These workshops are a work in progress; we will make some mistakes and learn how to do it better the next time. For now, let’s make the first two workshops a success, as that will inform how to define their organization in a written BIP and how to conduct further productive workshops. If you’re interested in discussing future workshops, please join the bitcoin-workshops discussion list.

Online Resources

Call for Proposals/Papers/Presentations

If you have any research relevant to issues surrounding Bitcoin scalability, we’d welcome your proposal for a presentation at the Montreal workshop. Please email your proposal to proposals@scalingbitcoin.org. The deadline for submission is September 1st.

このサイトについて

スケーリングビットコインプランニング委員会

  • Anton Yemelyanov, ASPECTRON Inc.
  • Nelly Milanova, ASPECTRON Inc.
  • Pindar Wong, VeriFi (Hong Kong) Ltd.
  • Alex Morcos, Chaincode Labs
  • Jeremy Rubin, MIT Digital Currency Initiative
  • Warren Togami, Blockstream
  • Elizabeth Stark, Lightning
  • Victoria van Eyk, Changetip
  • Dan Elitzer, IDEO Futures
  • Shawn O’Connor, Kraken
  • Adam Ludwin, Chain.com
  • Marshall Long, FinalHash